化学系学生のための企業合同説明会

【開催概要】

 日程:2017年3月7日(火)・ 3月8日(水)

 会場:タワーホール船堀(東京都江戸川区船堀4丁目1−1)

 内容:企業合同説明会

【来場学生数】3000名  【参加企業数】50社
■3月7日
アース製薬/宇部興産/エヌ・イー ケムキャット/カーリットホールディングス/共栄社化学/コニカミノルタ/JSR
昭和電工/太陽ホールディングス/DIC/東京応化工業/東レ/日油/日産化学工業/日東電工/ハリマ化成グループ
半導体エネルギー研究所/日立化成/富士フイルム/ポリプラスチックス/丸善石油化学/三井化学/三菱ガス化学
三菱ケミカル/三菱電機

■3月8日
味の素ファインテクノ/ADEKA/エヌ・イー ケムキャット/オルガノ/花王/カネカ/キャタラー/クラレ/JNC
住友化学/住友精化/積水化学工業/ダウ・ケミカル日本/中外製薬/帝人/デンカ/東海カーボン/ナガセケムテックス
ニコン/日華化学/日本曹達/日本ペイントホールディングス/長谷川香料/マナック/三井化学
日本化学会関東支部が主催する企業合同説明会は、今年で15回目。
2日間で3,000名の学生が来場し、50社の企業がブース出展しました。
化学系に特化したこの規模の企業合同説明会は日本最大級。

化学系学生対象のイベントであるため、
各企業のプレゼンテーションは、一般的に公開されている事業内容・採用情報だけでなく、
「研究開発・技術」「化学系出身者の配属先・キャリアパス」「活かせる選考分野」など
化学に特化した内容が盛り込まれ、化学系出身の先輩社員と直接お話しができる企業もありました。

化学系学生を採用したい企業の説明を2日間で効率良く聴講できるため、首都圏だけでなく
全国から学生が来場し会場は大盛況。
※参加学生の約3割が、関東圏以外から来場しています。

また化学系だけでなく、農学、生物学、バイオ、物理学、薬学、獣医学・医学、工学、電気・電子、海洋などを
専攻する学生も数多く参加し、積極的に企業研究を行っていました。

当日はブース会場に加えて、
東レ・日東電工・太陽ホールディングス・花王・クラレ・住友化学による基調講演も開催。
1日限りの特別講演(定員300名)として、研究開発や技術部門の方々が登壇し、
業界や自社について語りました。
他では聴けない内容のため、どの講演もほぼ満席となり、
参加学生にとっては大変貴重な機会となりました。